カテゴリ:音楽( 24 )

一泊してきます

今日は治験ボランティア(投薬バイト)なので病院に一泊です☆

暇になるかと思って新潮文庫の100冊の中から

「敦煌」って本を借りてみました☆

世界史が好きな自分の目にパッととまった一冊です!!
面白かったらいいなぁ。。


しかし、オニオン5人でいくから暇にはならないかな??
今日の血液検査の結果が悪くて帰宅させられないことを祈ります
[PR]
by the-shadow-hunter | 2006-07-19 15:55 | 音楽

B'zニューアルバムレビュー

ミクシーにも載せたけど
一応がんばって書いたから少しでも多くの人にみてもらいたいんで(笑)

B'zニューアルバム
「MONSTER」のレビューです~☆

01. ALL-OUT ATTACK

アルバムの最初の曲は静かな感じで始まる。そこからいきなり衝撃的なギターのリフが!!
今回のアルバムの中で一番アップテンポな曲で、俺も一番好き☆
A、Bメロと激しく進んで一転ゆるやかなCメロがいい感じ♪
しかも一息つく暇もなくすぐに勢いのあるサビ的な部分に突入!!
その後の「愛してしまうものがある~」からのギターソロの入りがいいね♪
B'zが若返った感じがしてうれしい一曲です。 

02. SPLASH!

シングルにもなりましたね。
テレビで聴いてるときは、なんか半音ばっかり使っててそうでもなねぇ曲だなぁって思ってたけど、
プロモーションビデオ見て、歌詞にも意味があること知って聴きこんでみたら、とても味のある曲ですね。
コンセプトとしては「今までとは違うことをする」だったそうだけど
なんだかんだやってるうちにある意味「王道」的なB'zの曲に仕上がったんじゃないかなと思います。
たしかにカッティングの使い方とか、いままでにないグルーヴ感なんかは新しいなぁとは思いましたけどね☆
個人的な好みとしては「観念では物足りない」とかのコーラスパートがとっても好きなんです(笑)

03. ゆるぎないものひとつ

この曲もシングルになりましたね~
ぶっちゃけこれよりも2nd beatの「ピエロ」を前に持ってきたほうがよかったと思うんですよね~
案の定シングル売れなかったし。
アルバムの中に入ってるとうれしい一曲だけど、シングルにしたせいでなんだかなぁ、って感じになってしまって残念な一曲です。
いい感じのバラードなのは間違いないんですけどね!!

04. 恋のサマーセッション

なんか古めかしい感じの曲で、よくわかんないけど懐かしさが漂ってきます。
位置的には「恋心」的な一曲だと思いました☆
ギターソロがまた、そんなに難しいわけじゃないんだけどTAK節というか、とっても雰囲気でてて好きですね☆

05. ケムリの世界

この曲はけっこう遊びの要素が含まれてる感じですね!!
アルバムに入ってるから楽しめる、B'z好きな人にしかわかんない感じの一曲かな☆
このギターリフは指弾きらしいですね~、なんか、いろいろできますね~(笑)
ちょっと、稲葉さんのソロシングルの「chain」って曲を思い出しました、なんとなくね

06. 衝動 ~MONSTER MiX~

コナンのテーマにもなったシングル曲。
ぶっちゃけこの曲最近のB'zのなかでかなりイケテル曲だと思います♪
この曲がなかったら(とアルバム1曲目)俺のB'z離れがさらに進行してたかもしれないね。。
ギターの音をなぞるだけでTAKが楽しそうにライブでプレイしてるのがサビ前からのアルペジオ(?)からコードでジャーンてあたりで目に浮かぶくらいすがすがしい疾走感と構成になってると思います!!
ソロもタッピング使うのってけっこう珍しいんじゃないかな?昔の曲は楽器をよく聴いてなかったからわからんけど
稲葉さんの声もこの曲は特に好き!!
なんか稲葉さんの声って、ただ高いだけじゃないんだよな
なんかダミ声みたいのがちょっとまじってるからそれがまたいいんだよね、かっこいい!!

07. 無言のPromise

この曲はすごく荘厳な感じに仕上がっていますねぇ
ピアノがいい味出してるんだな~って思いました。
この曲はギターは控えめ、B'zって初期のころはホントこういう音作り多かったなぁ

08. MONSTER

なんか始まりがシンフォニックというかなんというか壮大な感じで
自分的にメタル的な疾走曲を勝手に期待してしまっていたら
始まってみるとB'zでも代表的な8ビートのハードロック調でした☆
変な期待した分無駄にがっかりしてしまった曲です(笑)
この曲はなんといっても音がいいなぁ!!
ディストーションがうまくきいたリフがかっこいいです。
けど俺、ミドルテンポの曲はえらそうにかけないんでなんともいえないです(笑)

09. ネテモサメテモ

B'zってロックユニットってイメージが強いと思うんですけど
実は結構ブルースが好きだったりするんですよね
the 7th blueseってアルバムがあるくらいだし☆
激しい曲もいいんだけど、実はこういう曲もB'zの魅力だったりするんだよなぁって思った一曲!!
けど音はハードロックよりに作られていて、なかなかおもしろい融合だなとも思いました。

10. Happy Birthday

ここ2,3年B'zのライブにいっていない俺。
この曲を初めてきいたとき
「なんかライブ終わったときにSEで流れてきそうな曲だなぁ」って思った。
そのとおりだったみたいですね!!
いろいろアレンジされていまに落ち着いたようです。
なんかほのぼのしたさわやかなPOPなナンバーです☆
こういう曲好き♪

11. ピエロ

どっかのだれかがカヴァーしてちょっと有名な曲なのかな?
正統派ロックって感じですね☆
少々メロディが耳に残りにくいかもな~
ギターとヴォーカルだけになる部分がいいね!!

12. 雨だれぶるーず
これもブルース調のアプローチですね~
きっとこの曲、普通に聴いてたら何も思わないかもしれないけど
おそらく一番苦労して収録してる曲なんだろうと思います
構想からこの歌い方から・・・
遊び心漂うのに苦労を感じさせる一曲です

13. 明日また陽が昇るなら

後半にこういう曲持ってくるのいいね!!
個人的にはしっとり系の曲としては「one」以来の良作だと思います。
俺この曲展開といい曲調といいモロ好み☆
なんであまり、細かいことはあえて書きません(笑)
しいて言うのであれば「たぐり寄せたい未来が~」の部分が「JOY」を思い出せます
この曲知ってる人聴いてみ♪

14. OCEAN ~2006 MiX~

さて、最後はこの曲でしめてきましたね☆
この曲けっこうリテイクというかミキシング変えたというか・・・、したよね~??
シングルのときは絶対こんなにギター聴こえてこなかったもん!!
俺シングルでたとき、「全然ギター聴こえないからつまらん」っていっちゃったもん。。
最初からこやってつくれよな~
なんにせよOCEANのよさを理解できた瞬間でした♪


ふぇ~、疲れた~
コツコツ書いてたけど疲れた~
こんなの最後まで読んでくれる人いるかな?いないな(笑)
音楽の知識も中途半端なやつの戯言なんで、真剣に批判とかはしないでください。
ここは違うよっていうアドバイス受付中☆
なんでもいいからなんかコメントくれたらうれしいかも、って書きにくいね(笑)

まぁ、今回のアルバムを聴いて総合的に思ったのは
初期~中期のB'zは、
「ダンサブルな打ち込みっぽい曲に稲葉さんの声とTAKのギターが乗ってる」って感じで
よくも悪くもソロ以外ではあまりギターの音主張しない感じだったんだよね。
だけど根強いファンてこの頃の曲調が好きなんだよな、俺もだけど。

んで最近4枚くらい(俺の中ではbrotherhood~greenのうちのどこかが境界線)では
「よりバンド色を強く」
みたいな感じになってきて
たしかにギターのリフとかバッキングとかはすごくよく聞えるようになったんだけど
なんかその分、曲調も変にロックするようになって、魅力が薄れてきたような気がするんだよね。。

だけど今回のアルバムでやっとその二つのいいとこが融合したっていうか・・・
「曲調もみんなが好きだったB'zだし、バンドとしてもカッコイイ」っていう
この調子でいったらまたちょっと人気出るかもね~♪
少なくとも俺はけっこう満足ですよ!!
[PR]
by the-shadow-hunter | 2006-07-05 14:53 | 音楽

B'zニューアルバムレビュー

ミクシーにも載せたけど
一応がんばって書いたから少しでも多くの人にみてもらいたいんで(笑)

B'zニューアルバム
「MONSER」のレビューです~☆

01. ALL-OUT ATTACK

アルバムの最初の曲は静かな感じで始まる。そこからいきなり衝撃的なギターのリフが!!
今回のアルバムの中で一番アップテンポな曲で、俺も一番好き☆
A、Bメロと激しく進んで一転ゆるやかなCメロがいい感じ♪
しかも一息つく暇もなくすぐに勢いのあるサビ的な部分に突入!!
その後の「愛してしまうものがある~」からのギターソロの入りがいいね♪
B'zが若返った感じがしてうれしい一曲です。 

02. SPLASH!

シングルにもなりましたね。
テレビで聴いてるときは、なんか半音ばっかり使っててそうでもなねぇ曲だなぁって思ってたけど、
プロモーションビデオ見て、歌詞にも意味があること知って聴きこんでみたら、とても味のある曲ですね。
コンセプトとしては「今までとは違うことをする」だったそうだけど
なんだかんだやってるうちにある意味「王道」的なB'zの曲に仕上がったんじゃないかなと思います。
たしかにカッティングの使い方とか、いままでにないグルーヴ感なんかは新しいなぁとは思いましたけどね☆
個人的な好みとしては「観念では物足りない」とかのコーラスパートがとっても好きなんです(笑)

03. ゆるぎないものひとつ

この曲もシングルになりましたね~
ぶっちゃけこれよりも2nd beatの「ピエロ」を前に持ってきたほうがよかったと思うんですよね~
案の定シングル売れなかったし。
アルバムの中に入ってるとうれしい一曲だけど、シングルにしたせいでなんだかなぁ、って感じになってしまって残念な一曲です。
いい感じのバラードなのは間違いないんですけどね!!

04. 恋のサマーセッション

なんか古めかしい感じの曲で、よくわかんないけど懐かしさが漂ってきます。
位置的には「恋心」的な一曲だと思いました☆
ギターソロがまた、そんなに難しいわけじゃないんだけどTAK節というか、とっても雰囲気でてて好きですね☆

05. ケムリの世界

この曲はけっこう遊びの要素が含まれてる感じですね!!
アルバムに入ってるから楽しめる、B'z好きな人にしかわかんない感じの一曲かな☆
このギターリフは指弾きらしいですね~、なんか、いろいろできますね~(笑)
ちょっと、稲葉さんのソロシングルの「chain」って曲を思い出しました、なんとなくね

06. 衝動 ~MONSTER MiX~

コナンのテーマにもなったシングル曲。
ぶっちゃけこの曲最近のB'zのなかでかなりイケテル曲だと思います♪
この曲がなかったら(とアルバム1曲目)俺のB'z離れがさらに進行してたかもしれないね。。
ギターの音をなぞるだけでTAKが楽しそうにライブでプレイしてるのがサビ前からのアルペジオ(?)からコードでジャーンてあたりで目に浮かぶくらいすがすがしい疾走感と構成になってると思います!!
ソロもタッピング使うのってけっこう珍しいんじゃないかな?昔の曲は楽器をよく聴いてなかったからわからんけど
稲葉さんの声もこの曲は特に好き!!
なんか稲葉さんの声って、ただ高いだけじゃないんだよな
なんかダミ声みたいのがちょっとまじってるからそれがまたいいんだよね、かっこいい!!

07. 無言のPromise

この曲はすごく荘厳な感じに仕上がっていますねぇ
ピアノがいい味出してるんだな~って思いました。
この曲はギターは控えめ、B'zって初期のころはホントこういう音作り多かったなぁ

08. MONSTER

なんか始まりがシンフォニックというかなんというか壮大な感じで
自分的にメタル的な疾走曲を勝手に期待してしまっていたら
始まってみるとB'zでも代表的な8ビートのハードロック調でした☆
変な期待した分無駄にがっかりしてしまった曲です(笑)
この曲はなんといっても音がいいなぁ!!
ディストーションがうまくきいたリフがかっこいいです。
けど俺、ミドルテンポの曲はえらそうにかけないんでなんともいえないです(笑)

09. ネテモサメテモ

B'zってロックユニットってイメージが強いと思うんですけど
実は結構ブルースが好きだったりするんですよね
the 7th blueseってアルバムがあるくらいだし☆
激しい曲もいいんだけど、実はこういう曲もB'zの魅力だったりするんだよなぁって思った一曲!!
けど音はハードロックよりに作られていて、なかなかおもしろい融合だなとも思いました。

10. Happy Birthday

ここ2,3年B'zのライブにいっていない俺。
この曲を初めてきいたとき
「なんかライブ終わったときにSEで流れてきそうな曲だなぁ」って思った。
そのとおりだったみたいですね!!
いろいろアレンジされていまに落ち着いたようです。
なんかほのぼのしたさわやかなPOPなナンバーです☆
こういう曲好き♪

11. ピエロ

どっかのだれかがカヴァーしてちょっと有名な曲なのかな?
正統派ロックって感じですね☆
少々メロディが耳に残りにくいかもな~
ギターとヴォーカルだけになる部分がいいね!!

12. 雨だれぶるーず
これもブルース調のアプローチですね~
きっとこの曲、普通に聴いてたら何も思わないかもしれないけど
おそらく一番苦労して収録してる曲なんだろうと思います
構想からこの歌い方から・・・
遊び心漂うのに苦労を感じさせる一曲です

13. 明日また陽が昇るなら

後半にこういう曲持ってくるのいいね!!
個人的にはしっとり系の曲としては「one」以来の良作だと思います。
俺この曲展開といい曲調といいモロ好み☆
なんであまり、細かいことはあえて書きません(笑)
しいて言うのであれば「たぐり寄せたい未来が~」の部分が「JOY」を思い出せます
この曲知ってる人聴いてみ♪

14. OCEAN ~2006 MiX~

さて、最後はこの曲でしめてきましたね☆
この曲けっこうリテイクというかミキシング変えたというか・・・、したよね~??
シングルのときは絶対こんなにギター聴こえてこなかったもん!!
俺シングルでたとき、「全然ギター聴こえないからつまらん」っていっちゃったもん。。
最初からこやってつくれよな~
なんにせよOCEANのよさを理解できた瞬間でした♪


ふぇ~、疲れた~
コツコツ書いてたけど疲れた~
こんなの最後まで読んでくれる人いるかな?いないな(笑)
音楽の知識も中途半端なやつの戯言なんで、真剣に批判とかはしないでください。
ここは違うよっていうアドバイス受付中☆
なんでもいいからなんかコメントくれたらうれしいかも、って書きにくいね(笑)

まぁ、今回のアルバムを聴いて総合的に思ったのは
初期~中期のB'zは、
「ダンサブルな打ち込みっぽい曲に稲葉さんの声とTAKのギターが乗ってる」って感じで
よくも悪くもソロ以外ではあまりギターの音主張しない感じだったんだよね。
だけど根強いファンてこの頃の曲調が好きなんだよな、俺もだけど。

んで最近4枚くらい(俺の中ではbrotherhood~greenのうちのどこかが境界線)では
「よりバンド色を強く」
みたいな感じになってきて
たしかにギターのリフとかバッキングとかはすごくよく聞えるようになったんだけど
なんかその分、曲調も変にロックするようになって、魅力が薄れてきたような気がするんだよね。。

だけど今回のアルバムでやっとその二つのいいとこが融合したっていうか・・・
「曲調もみんなが好きだったB'zだし、バンドとしてもカッコイイ」っていう
この調子でいったらまたちょっと人気出るかもね~♪
少なくとも俺はけっこう満足ですよ!!
[PR]
by the-shadow-hunter | 2006-07-05 14:30 | 音楽

思い出に残っている曲たち

ルネの研修に行くまでちょっと暇だったので

i podに

「思い出に残っている曲たち」

というプレイリストを追加しました☆


まだまだ少ないけれどこんな曲たちを入れてみました♪

Distance/押忍!番長 サウンドトラック

Not Too Late/稲葉浩志

wizard/wizard(自分の組んでたバンド)

ポンポン/大塚愛

Carry On/angra

thinking of you/B'z

LOVE PHANTOM/B'z

車輪の歌/バンプ

Mask of Sanity/Children Of Bodom

Towards Dead End/Children Of Bodom

Silver Lake/dark moor

black winter night/DragonForce

Surfrider Association/ELLEGARDEN

I want out/helloween

glory
nothing
starry night/HI-standard

HEROES/MASTERPLAN

Superheroes/RACER X

みかんのうた/SEX MACHINEGUNS

Weballergy/SONATA ARCTICA

silent jealousy/X

などなどなど
とりあえずこんなもん☆

いい曲とかはおいといて
どれもこれも聴くとある時期のある風景が思い出されるものばかりです!
俺にとってどれも大切な、かけがいのない曲たち。。
まだまだありますし
一つ一つについて語っていけばきりがないくらい♪


みなさんの思い出の曲はなんですか??
[PR]
by the-shadow-hunter | 2006-02-23 22:05 | 音楽

イキタイ!!

無性にカラオケに行きたい!!
むしろカラオケでいきたい!?(笑)

研究&勉強ばっかりで思いっきり発散する機会が欲しい。
独りでカラオケで思いっきり歌いたい・・・

全部終わったら歌屋にいこ♪


さて、付け焼刃の500単語を覚えるためにまたまた頑張りますかね☆
[PR]
by the-shadow-hunter | 2006-02-05 14:22 | 音楽

聴きてぇ!!

僕がメタル好きで
その入りはじめはHELLOWEENっていうバンドなことは知ってる人は知ってると思うんですけど

こやつらが初期に出した三枚のアルバムは、いまでも評価の高い、伝説的な存在なアルバムなんですよね☆

んなもんでけっこうトリビュートアルバムなんてものが作られたりしちゃってるわけです。
俺はkeepers of jerichoっていうHELLOWEENトリビュートの第一弾と第二弾を聴いたことがあります♪
いまでは有名になったバンドたちがHELLOWEENの曲を自分たちらしくカヴァーしてて、とても楽しく聴けました☆

そんななか、こんなページを見つけました。

The Eastern Tribute To Helloween

↑とりあえず暇な人は読んでみてください。


いやぁ、こんなにぼろくそに書かれてるんなら逆に聴いてみたいね!!
チェコとスロバキアの国の方々だってさ~。
きっと自分たちがバンドでやるコピー程度なんだろうな(笑)

店頭でもし見つけるようなことがあれば購入してみたいと思います。。
[PR]
by the-shadow-hunter | 2006-01-20 20:45 | 音楽

イライラと稲葉さん

久しぶりに寝坊しました。。
ここ一週間頑張ってたのに・・・・
やはり金曜日は疲れがたまってるんでしょうねぇ
明日はゆっくり休んでから学校に行こう!!


さて、話は変わり


昨日はホントにイライラすることが多かった。
朝から投薬の再検査でわざわざ手稲まで行かなきゃいけなかったし

清田のカテキョにいってみれば
渋滞でたどり着くまでに二時間もかかるし!!
そもそもなんで南区在住の俺に清田の依頼来るわけ??
マジ勘弁だ・・・

しかもしかも!!
20時頃に、帰る前に実験操作についてちょっとだけ聞きたいことあったから教授に聞きに行ったら
聞きたいことに関する答えはなんら得られずに、関係ない操作についてだけ延々と話される。。
しかもその内容は教授の思い込みだけで
正しいことを言ってるのはすべて俺のほう。。
それなのに教授は俺のことをなめてるんだかなんだか知らないけど
自分が正しいといって俺の言うことに聞くを耳持ってくれない。
とにかく、俺は知識は足りないかもしれないけど、頭の回転は向こうのほうが明らかに遅い。



くだらない会話のごく一部をちょっと紹介します

教「このゲルの厚さに対して歪はどのくらいにすればいいんだっけ?」

俺「押し込み量で20%くらいになればいいように狙って押していますね~」

教「え!?20%??2%くらいじゃなかったっけ?」

俺「いや、2%て・・・。3.5ミリのゲルだったら0.07ミリしか押さないことになりますけど・・・。ありえないですよ!」

教「いや!!2%なはずだ!!ちょっと先輩の修論もってきなさい。データ載ってるはずだから」


修論をもってくる。


教「ほら、ここに書いてあるだろう!応力歪曲線が線形になっているのは歪が0.2付近だ」

(歪が0.2というのはゲルの厚さが1に対して0.2ということ)

俺「ということは20%ですよね?」

教「とにかく歪が0.2になるように押せばいいわけだ」

俺「は?歪が0.2と押し込み量が20%は違う意味なんですか?」

(違う意味なわけがない)

教「・・・・(おそらく気分が悪い)。とにかく0.2付近を狙えばいいわけだから、~~~~~中略~~~~~~~~、まぁ、2%になるようにすればいいわけだな」

いまだに自分が20%のことを勘違いして2%といってるのかこいつは、と思いながらももうスルーすることにする。

俺「・・・・そうですね」

教「ということはどれだけの長さを押し込めばいいのかな?」

俺「厚さが3.5ミリですから×0.2で0.7ミリですね~」

教「ということは何ヘルツで押し込んでいるのかな?」

(押し込み量は、押し込み速度を一定にして周波数で押し込み時間を変えることで決定している)

俺「0.7ヘルツくらいですね。」

教「え??それは長すぎるんじゃないの??僕の記憶では前の先輩は2ヘルツで押してたぞ」

(周波数の値が大きいほど押し込み時間は少ない)

俺「いや、前の人のデータは知らないですけど僕は前実験して、計算してこの値って決めたんで間違いはないはずです!!」

ホントは教授の記憶が間違ってるんだろ!といいたかったが我慢。

教「ていうとなにかい?君は前の人の論文を疑うっていうのかい?論文を疑うってことは研究者にとってはいいことではあるけれど・・・」

↑皮肉たっぷり

俺「いや、そういうわけじゃないですけど・・・」

教「だって単純計算でも0.7ヘルツと2ヘルツじゃ3倍違うんだよ!てことは君の作ったゲルは先輩の3倍くらいの厚さがあるのかい?」

俺「いや、ゲルの厚さはほぼ同じですね。」

教「そしたら歪は0.2の三倍で0.6になってることになるんじゃないの?」

俺「いや、歪が0.6になるってことはそこの修論にも書いてありますけどゲルは壊れるんですよ!」

「修論」の前に「あんたの大好きな」と加えるのを必死でこらえる

教「けど必ず壊れるってわけでもなくて、壊れないときもあるからね~」

俺「いやいや、この条件で自分何十回もやってますから!!」

以下、そんなやりとりのまま結局は修論データに押し込み速度だけが載っていたのでそれと押し込みたい0.7ミリとで周波数を計算したところ、当然0・7ヘルツ付近の値が出た。

俺「ほら、0.7ヘルツですよね」

教「そうだね~、記憶違いだったのかな。ところでさっきでてた歪が0.6っていうのはなんだっけ?」

俺「いや、だからそれは先生が周波数が三倍で押し込み量が三倍になるときに、先輩とゲルの厚さが一緒なら歪も三倍になるからっていってでてきた数字でしょう。もう関係ないですよ!」

・・・・


・・・・


・・・・


・・・・

以下この話は延々と三時間ほど続きました・・・



あいてが誰であろうと自分が正しいと思うことは貫き通す主義の俺は
教授が間違ってることを示すまで延々と議論しました。

すると終了時間は23時

結果的に俺の言ってることはすべて正しかったんですけどね。。



もう気分は最悪ですよ!!


帰りの車もずっと気分が悪く
普段は好きな曲も
激しい音楽が気に障るほど。
一曲も終わる前に他のアーティストに変える、を繰り返していました。

そんな中、ふと稲葉さんのソロを聴いてみる。

超癒される~

たぶん、イライラしているときは激しいのとかは受け付けないんだろうね
ギターソロとかはやびきとかむかついてくるもんね(笑)
だからB'zよりも稲葉さん☆

「遠くまで」いい~!!

特に三曲目の「Not too late」最高!!

しばらく聴いてよ~♪


※講座の先輩へ
このブログ読んでるかもしれないけど気分悪くしないでくださいね。。
[PR]
by the-shadow-hunter | 2006-01-20 13:57 | 音楽

バンド紹介・dragonforce

俺のブログ
CDレビューとかバンド紹介の日って、
きっとみんな読んでてつまらないんだろうなぁ、とか
むしろ字ばっかりで読んですらくれないんだろうなぁとか思いながら書いてるわけです。。
この話題に限っていえば、一部のメタル好きな方々へを除いて
完全に自分のためだけに書いております。

自分が音をどれだけ聴けるようになったのか。
自分は演奏のどこの部分に惹かれて好きなバンドをチョイスしているか確かめるため
そして将来的にはその好きな部分を寄せ集めた自分だけの一曲をつくってみるため
耳を鍛えた結果を文字に残しておくのです。。


さて、今回紹介するバンドは

dragonforce
というイギリスでデビューしたバンドです。
まぁ、イギリスからといってもギターはチャイニーズだったり
他にも南米出身(たしか)とかもいて多国籍なバンドなんですけどね。

最近ではF1の音楽にBlack Winter Nightという曲が使われてて軽くビックリしました。
なんか、バカみたく速く、Gtとkeyがピロピロしてるなぁと思ったらそれです。
車好きな方々聴いてみてください♪


2002年。デビューアルバムを世に放ったこいつらによって
それまでのメロディックパワーメタルの常識は根底からくつがえされたのではないでしょうか。

圧倒的スピード

アルバム全曲を通して繰り広げられるBPM190超えの内容は、
全編に渡って独特で爽快なメロディーがこれでもかと繰り出される新世代メロディック・パワーメタルの一つの形を体現した素晴らしい出来だった。

スラッシュメタルによくみられるブラストを多用した速さを追求したドラム

プログレッシヴメタル顔負けのギターソロ

爽快なハイトーンVo(1stではまだド下手だったが)

シンフォニックメタル風味のゴージャス・キラキラ系のkey

これら様々なジャンルのよいところを
メロパワに凝縮して世に送り出したことがすばらしいと思う。
メロパワはキャッチーだしね、商業的にもね(笑)

ま、細かいことを語っていくと
とにかくGtのHerman LiとSam Totmanが奏でる
「そりゃ弾きすぎだろ!」って感じの激キャッチーなツインリード・ソロパートは、突っ込みを入れたくなりつつも聴いているうちに自然と顔がほころんでくるほど。

けどとにかく注目したいのは
このバンド何が凄いってドラムなんですよ
アタックの気持ち良さ・一発一発の絶妙なタメをCDに収められたバンドってメロスピ界隈ではなかなかいないと思います。
あと特筆すべきは足技の見事さ。
疾走系といえばツーバスの32分でドコドコやってれば疾走しててかっこいいっていうイメージがあるだろうし、俺もそう思ってたんだけど
このドラマーは単純にツーバスで疾走するんじゃなくて8ビート(ツッタンツクタンツッタンツクタンっていうリズム)で勝負してるところがかっこいいし、気持ちのよい速さを出すことに成功していると思う。
とにかくキレの良さが半端じゃない。
そこでここぞという所でツーバスを上手く絡めて疾走感をさらに高めるわけです。
このバンドを気持ちよく聴けるのはこのドラマーの存在が大きいかもね。


さて、自分的にどうかなってところも交えて・・・
ギターに関していえばこのバンド
ワーミーを使用しすぎてると思うんですよね。
使うことは悪いことではないし効果的な部分もあるけど使いすぎで肝心な部分でおいしくないような気がするのと
単純に飽きてきてしまうこと。
このワーミー大好きロンゲチャイニーズのせいで楽曲のよさが1割減な感じです。
まぁ聴いてて気持ち良いはいいので、聴きこまない程度に聴く分にはよろしいんじゃないでしょか。

あと個人的な好みで残念なのは
Gtの16分のザクザクの刻みがあまり使われていないこと。
このバンドくらいの速さの曲なら
曲の始まりからAメロ終わるくらいまではリフを交えながらザクザクやってくれればものすごい勢いで攻めてくる作品になるような気がするんだけどな。
曲の随所でのソロだけ現れてあとはコードをジャ~ンっていういまよりは
かっこいくなるはず!!
まぁこのバンドはソロが通常のHR/HMでの常識である
いわゆる「2サビとかの後の間奏に一度だけやってくる」
ものとは違い
「始まりから終わりまで常にソロ」みたいなもんなのでいいんですけどね。


今回でたアルバムでは5曲目がそんな理想的な曲風味に仕上がってるかな☆


あとは・・・
楽曲が「セルフカヴァー」気味なことね・・・
アルバムを出せば出すほど
以前のアルバムで聴いたことあるようなフレーズが顔を出すんだよね~
ちょっと改革しないとあきられちゃうぞ~!!
実力はアルバムを出すたびに向上しているので
聴いてみたいなって人は3rdを聴くといいかもしれません。。
個人的には
リズムがとれてないVo
入りが怪しいドラム
Voと一緒にドラムを無視するベース
ワーミー使いすぎクソチャイニーズGtであった発展途上であった1stの曲がキャッチーでとってもいいんですけどね~☆
とり直したりすればいいのに。。

てなわけで、ホントはアルバムレビューにするつもりだったのに
バンドに対してのほうが書きたいことが多くなってしまったのでこんな形になりました。。

ここまでしっかり読んだ人はエライ!!
もしくはメタル好きだな♪


なんか、いつも見てくれてる人に申し訳ない気分になったので
今日はもう一回くらい更新しよぉかな
[PR]
by the-shadow-hunter | 2006-01-12 15:32 | 音楽

shock!!

帰りに車でCD聴こうと思ってCDをオーディオに入れようとしました


すると・・・



オーディオと車の間にはまって取れなくなりました(涙)



おいおい、買って二日しかたってないんですけど。。

はぁ、マジ凹むわぁ↓
曲をi podに移しておいたのが唯一の救いだわぁ
[PR]
by the-shadow-hunter | 2006-01-10 21:45 | 音楽

pleasureⅡ♪

買っちゃいました、


B'z the best "pleasure Ⅱ"


ホントは買おうかとても迷ってて
なぜかというと、ベストアルバムって
そのバンドが好きな人から見たら、すべて持ってる曲なんですよね。

だからいらないんじゃない?

みたいな。。


けど友達と遊んでるときにそいつが買っちゃって
特典映像とかあつくて
くじ引きでポスターとかももらってて
車でちょっと聴かせてもらったらなんだかとっても懐かしくなってきちゃって

買っちゃいました♪

けど買ってしまった一番の理由は
そういえば熱き鼓動の果てを最後にシングル買ってねぇや、俺
ってこと。。

買うどころか、いつリリースされるかすらそんなに気にも留めていなかった
はぁ、いつからこんなにB'zに疎遠になってしまったんだろうか。。
なんか悔しい。

車ではけっこう聴いてるんですけどね☆
主に昔のアルバムを!!
マニアックなのを(笑)


さてさて、本題に入りましょう。
トラックリストはこんな感じ

01.OCEAN
02.今夜月の見える丘に
03.愛のバクダン
04.ultra soul
05.HOME
06.いつかのメリークリスマス ~「恋するハニカミ!」バージョン~
07.熱き鼓動の果て
08.野性のENERGY
09.IT'S SHOWTIME!!
10.juice
11.May
12.ギリギリchop
13.RING
14.BANZAI
15.ARIGATO
16.GOLD


まだ通しでは一回も聴いていないけど
最初に2曲連続でバラード持ってくるあたりが渋いね!!
このアルバムはなんか、しっとり系と激しい系が半分ずつになったみたいで
本来ならバラードの比率が多いような気もするけど
楽曲がよいので全然気にならないで聴けます☆

今回のアルバムは
HOME~OCEANまでとなっていて
俺のイメージでは
looseあたりから続いていた
すごくバンド!!っていうのを前面に押し出していた路線のから始まり
それは俺の中ではjuiceまで
そして、そこからしばらくはマッタリとしたときが流れる
この頃にちょっとずつB'z熱が冷めてきちゃったんだよねぇ
バンドの方向性が見えてこなかった気がする。。
そして最近


原点回帰


をテーマに活動してるって話を聞いた。
簡単に言えば
本来の「二人」でしかできないサウンドを作っていくっていうもの

正直

ARIGATO

BANZAI

のよさはまだわからないけど
OCEANや
愛の爆弾

あたりを聴いて
曲は新しいんだけど
なにか懐かしいものを感じる。。

そう、そこにはなにか
IN THE LIFEまであった

二人だけの空間

のようなものが漂っているような気がする。

B'zってもともと
声とギター以外は打ち込みの
ダンスビートを狙って作られていたんだよね。
そこに入ってくる生の声とギターが不思議な世界観を描いていて
俺はきっとそういうところに惹かれていったんだと思う。

最近のB'zも、改めて聴くとそういう雰囲気が出てきて、
俺の中で第2次B'zブームが来るかもしれないです☆
(第1次は中2~大1までとかなり熱狂的だったが/笑)



※ちなみに
ヨドバシで買ったんだけど
俺がいろいろ迷ってた15分くらいの間に
10人くらいの人がこのアルバム買って行きました!!
今回もけっこういい記録出すんじゃないでしょうか♪


※2
そしてショーケースの傍らに置いてあった

b0059863_14154421.jpg


稲葉さんのソロライブDVD買っちゃいました!!

だって見たかったんだもん。。
絶対かっこいいよ!!
[PR]
by the-shadow-hunter | 2005-12-02 14:16 | 音楽